オリジナル垂れ幕☆制作ガイド

home > オリジナル垂れ幕作成について > この世で1つだけのオリジナルの垂れ幕を作ろう

この世で1つだけのオリジナルの垂れ幕を作ろう

 インターネット上に目を向けると、この世でたった1つだけの、オリジナルの垂れ幕を作ってくれる業者がたくさんいるのがよくわかります。
もしこれからオリジナルの垂れ幕を作るのであれば、専門業者にお願いをして作ってもらうのが1番です。
地元にそういった業者がいるなら、そちらにお願いをするのが最も簡単な方法でしょう。
ただ、その類の業者で心当たりがない場合は、やはりインターネット上に目を向けて、全国規模で業者をリサーチしたほうが楽です。
ネット上なら、実際にオリジナルの垂れ幕を作成してもらった人たちの体験談に注目することができます。
口コミ情報サイトや人気ランキングサイトに注目して、どのような業者が選ばれ続けているのか、先に確認しておいた方が良いでしょう。
そのあとで特定の業者を厳選し、制作の依頼を出すようにしても、全く遅くないといえます。

 垂れ幕に関しては、いろいろな種類があります。
例えば、デパートなどの施設の上から、コマーシャルをするために用いるような大きなものもあるでしょう。
もしくは、応援団が使うような小さな垂れ幕なども、依頼することで作ることができます。
どちらにしても、サイズが大きくなればなるほど、基本的には料金が高くなってくるので注意です。
いろいろな業者の見積もり金額を比較して、最もコストパフォーマンスよく作ってくれるところにお願いをすることが重要となるでしょう。
また、垂れ幕の素材やデザイン等に関しても、料金が異なります。
どのような料金設定になっているのかは、直接業者のホームページを見るか、メールや電話で問い合わせをすることで、明確にしておくべきです。
少なくとも、こちらの予算内で作ってくれる、良心的な料金体系の業者にお願いをしましょう。

 完全なオーダーメイド作品になるわけですから、基本的には返品交換が難しい商品であると言うことを、覚えておくべきです。
だからこそ、時間をかけて慎重にデザインし、その希望を業者に伝えることが重要となります。
特にインターネット上で全て完結する場合はなおのこと、メールやファックスを駆使して、正確にこちらの希望を伝えるようにしましょう。
メールの場合は、デザインファイルにして、メールに添付しつつ、伝えることになります。
そのやりとりが苦手な場合は、無理せずに手書きで表現し、ファックスを利用するのが1番です。
こちらの希望する垂れ幕のデザインと、業者の理解で食い違いが発生しないように、何度も繰り返しミーティングを行い、決めていくようにしましょう。
使う日にちまでに作ってもらわなければ話にならないので、製作期間が基本的に短い、レスポンスよく動いてくれる業者を選ぶことも大切です。

次の記事へ

カテゴリー